四国アイランドリーグplusの高知FDは2015年も思ったような成績が残せず、前後期ともに最下位だった。特に後期は、藤川球児投手の加入で上位争いも期待されたが、優勝した愛媛に11ものゲーム差をつけられた。得点力の低さなど課題が残った1年を総括する。

 68試合で25勝38敗5分け。4球団で唯一借金を背負った。打率2割2分3厘、防御率3・20はともに最低で、失策も最多の68。得点166は、徳島220、愛媛229、香川264と比べ大差があった。

 前期2割3分3厘だったチーム打率は、後期2割1分3厘に落ちた。4番蒋(打率3割4分7厘)の退団が響き、後釜とし...    
[記事全文]