大分トリニータはJ2第38節の25日午後1時から大分市の大分銀行ドームで札幌と対戦する。現在21位の大分と、J2自動残留となる20位岐阜との勝ち点差は4。これ以上離されれば、降格圏脱出は絶望的な状況に追い込まれるだけに、札幌戦は勝利だけが求められる。
 前節は苦手の千葉を相手に2点リードしながら、土壇場で追いつかれて勝ち点3を逃した。後半の早い段階で1点を返され、慌てて守備的な布陣に変更したが、防戦一方となりロスタイムに痛恨のPKを献上した。
 MF為田大貴は「点を取った後に守りきる気持ちが強すぎる」とチームの問題点を指摘し、「守りを固めてもやられる。得点を増...    
[記事全文]