残り5試合。J3降格の危機が残る中、リーグ最多得点を誇る大宮を迎え撃つ。決して受け身にならず、前から積極的にボールを追い、手薄になった敵陣をうまく突きたい。8試合連続引き分け中だが、残留への気概を示し、勝利で勢いを取り戻したい。

 サンガは、前節横浜FC戦(0-0)では、縦パスが増え、攻撃の連動性が増した。後は決定力。サンガは21、22日の練習で人数をかけてゴール前に迫る崩しの練習を繰り返した。宮吉は「うまく相手のラインと駆け引きしたい」と集中し、前節好機を生み出した伊藤は「相手に合わせず、自分たちが攻撃的に挑みたい」と語る。

 大宮は今季23勝を挙げ...    
[記事全文]