プロ野球のドラフト会議から一夜明けた23日、ソフトバンクから1位指名された今ドラフトの目玉、県岐阜商高の高橋純平投手(18)に指名あいさつするため、スカウトが岐阜市則武新屋敷の同高を訪れた。落ち着いた様子でスカウトらの言葉に耳を傾けた高橋投手は「あまり実感がなかったが、球団の人に会ってリアル(現実的)になった」と笑顔を見せた。

 ソフトバンクの小川一夫編成育成部長、山崎賢一東海・北信越担当スカウトら4人が学校を訪れ、高橋投手は林田仁校長や小川信和監督らと出迎えた。「私の人生の中で最高の瞬間でした。一緒に野球をしましょう」と、工藤公康監督のメッセージが書かれたドラフト会...    
[記事全文]