4試合ぶりの勝利を目指すJ2首位大宮は25日、18位京都と対戦する(13時・西京極)。前節徳島に負け、2位磐田とは勝ち点差6に詰まった。渋谷監督は「倒れて終わるくらい死力を尽くしたい」と士気を高めた。

 チームは23日、高木サッカー場で調整。今季は異例のパワープレーの練習に取り組んだ。渋谷監督はこれまでの敗戦を分析し、「高さを生かして攻めれば、得点が取れたかもしれない」と練習の意図を説明。守備を固められ、スペースがない場合は「空中しかない」と割り切った戦いも必要とした。

 金沢が離脱したボランチには横山が入った。失点を許すと落ち着かない時間帯もあり、渋...    
[記事全文]