プロ野球ドラフト会議から一夜明けた23日、各球団は入団交渉へ向け動きだした。楽天との競合の末に千葉ロッテが交渉権を獲得した宮城・仙台育英高の平沢大河内野手は、伊東監督の訪問を受け「指名していただいた実感が湧いた」と話した。

◆「一日でも早く1軍に」 平沢

 千葉ロッテは23日、伊東監督らが宮城県多賀城市の仙台育英高を訪れ、ドラフト1位指名した平沢大河内野手にあいさつした。ドラフト会議から一夜明け、平沢は「1位で指名していただいた実感が湧いた。しっかり準備して、一日でも早く1軍に上がれるように頑張りたい」と決意を込めた。

 伊東監督は西武...    
[記事全文]