J2降格の危機に直面する中、GK山岸範宏は神戸戦に向けて「勝つしか道は残されていない。いつも以上に勝つ意識を持って臨む」と強い決意を語る。

 チームの先頭に立つ守護神。前節甲府戦で敗れた後は「非常に悔しい。この試合の大切さは理解していた」と硬い表情で語った。降格へ崖っぷちの状況だが、練習から仲間への小まめな声掛けを忘れず、チームの士気が落ちないように気を配っている。

 「こういう状況を招いたのは自分たち。だが、これを打破できるのも自分たち」。誰ひとり諦めてはいない。残留への望みをつなぐためにも、闘志をむき出しにして戦う。

...    
[記事全文]