「ずっと一流のプロ野球選手になることが夢だった。ようやく一つ夢がかなった」。プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で日本ハムから4位指名を受けた敦賀気比高(福井県敦賀市)の平沼翔太は、ほっとした表情を浮かべ喜びをかみしめた。「気持ちだけは誰にも負けない。常に1軍の試合に出続ける選手になる」と、新たなステージに向け力強い決意を示した。

 敦賀気比高では1年春にベンチ入りし、2年から背番号1の座をつかむと、初めて出場した昨夏の甲子園大会は4強入り。3年になり4番も務め、大黒柱としてチームを引っ張り、福井県勢初の甲子園制覇に大きく貢献した。

 福井県高校...    
[記事全文]