仙台育英高の平沢の交渉権は、1位指名を公表していた東北楽天にロッテが競合を覚悟で入札し、抽選でロッテに。「8割は楽天だと思っていたのでびっくりしたが、評価してもらいうれしい」と気持ちを切り替えた。
 今夏の甲子園ではチームの準優勝に貢献。3本塁打と勝負強さを発揮し、守備範囲の広さと肩の強さを生かした堅守が光った。準優勝した野球のU-18(18歳以下)ワールドカップでは木製バットへの順応性を見せ、プロ向きと評された。
 「ロッテは毎年強いイメージがある。伊東監督が捕手出身なので、頭を使った野球をしている。チームの勝利に貢献できる選手が目標。毎年3割を打てる打者に...    
[記事全文]