「高校で悔しい思いをしているので、率直にうれしい」。沖縄・中部商高時代の指名漏れから4年。多和田は西武の単独1位指名に笑みを浮かべた。
 重心の低い独特のフォームから最速152キロの直球を投げ込む。カーブ、スライダー、フォークボールとの緩急で、北東北大学リーグでは56回連続無失点の記録を樹立。4年間で通算338三振を奪い、即戦力右腕として期待される。
 今春に右肩を痛め、秋のリーグ戦は未登板に終わったが、西武の高い評価に変わりはなかった。「右肩は日に日に良くなっているので問題ない。毎年、10勝以上挙げられる投手になりたい」と意気込む。
 目標はエー...    
[記事全文]