ヌンチャク3段、柔道、剣道各4段。空手、なぎなた、太極拳…。福井県小浜署高浜交番の岩谷訓(さとる)警部補(47)は自他ともに認める武道好きの警察官だ。「不測の事態にも危険を乗り越え、正義を貫くため」と強さを追求する。護身術教室で講師を務めるなど経験を生かしており、県警内でも一目置かれる存在だ。

 福井県南越前町(旧今庄町)で生まれ、小学4年で剣道を始めた。「曲がったことが許せない性格」で鯖江高卒業後に警察官になった。ただ「剣道で上を目指すには才能が足りなかった」。警察官は強くなければと考え、あらゆる武道に取り組んだ。

 柔剣道に打ち込む一方で、カンフー...    
[記事全文]