1964年の東京五輪で近江路の聖火リレーを担当した走者ら8人が大津市内で顔を合わせた。戦後復興の象徴として開かれた大会で聖火を託されたのは未来を担う青少年たち。2度目の東京開催を5年後に控え、湖国...    
<ノアドットで記事全文を読む>