J1残留(年間15位以上)争いは、最下位(18位)の清水の年間16位以下が確定。同16位の松本山雅と同17位の山形がJ2降格圏に沈んだまま残り3試合となった。
 松本山雅は今節の鳥栖戦に敗れれば、神戸と新潟の結果次第でJ2降格が決まる厳しい状況だ。年間14位の鳥栖は松本山雅と勝ち点差6、次節対戦する神戸は同差5の同15位と残留を直接争う相手でもあり、2連勝すれば逆転でのJ1残留へ大きく前進する。
 最近5試合で得た勝ち点は、鳥栖の4、神戸の0に対して松本山雅は5。鳥栖は7試合連続未勝利中、神戸は5連敗中とチーム状態が良いとは言えない。第1ステージの対戦では、松...    
[記事全文]