プロ野球のドラフト会議が22日、東京都内で開かれ、県岐阜商高の本格派右腕、高橋純平投手は3球団が1位指名で競合した末、ソフトバンクの工藤監督がくじ引きに勝って交渉権を獲得した。

 東京六大学リーグの通算安打記録を48年ぶりに更新した高山俊外野手(明大)は阪神の金本新監督がヤクルトとのくじ引きに勝って交渉権を得た。平沢大河内野手(宮城・仙台育英高)は千葉ロッテが梨田新監督の楽天に勝って交渉権を手にした。

 巨人は安定感のある右腕、桜井俊貴投手(立命大)、広島は即戦力右腕、岡田明丈投手(大商大)、西武は富士大の多和田真三郎投手、オリックスは小柄ながら豪快な...    
[記事全文]