22日のプロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)でオリックスから6位指名を受けた仙台育英高の佐藤世那投手は、チームメートの祝福を受けて笑顔で「ほっとした」と話した。

 ―いまの気持ちは。
 「待っている時は、どきどきがすごかったので、いまはほっとしている。指名された瞬間、チームメートが歓声を上げてくれたのが聞こえたので涙ぐんでしまった」

 ―どういう気持ちできょうを迎えたのか。
 「特別な日だったが、学校もあったのでいつも通りの生活をしようと思っていた」

 ―オリックスの印象は。
 「あこがれの金子千尋...    
[記事全文]