22日のプロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)でDeNAから2位指名を受けた仙台大の熊原健人投手は、「新人王を取れるように、1年目から1軍で投げるのを目標にしたい」と力強く話した。

 ―今の心境は。
 「どきどきした。素直にうれしい」

 ―今の気持ちを誰に伝えたいか。
 「お世話になった人がいろいろ浮かんだが、まずは両親に感謝を伝えたい」

 ―仙台大から初のプロ選手になる。
 「第1号になるには縁やタイミングがある。とても光栄」

 ―指名が2巡目に入り、地元の東北楽天が頭に思い浮かばな...    
[記事全文]