プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は22日、東京都内のホテルで開かれ、中日は高橋純平投手(県岐商)を1位指名したが、3球団が競合。くじ引きの結果、高橋の交渉権はソフトバンクが獲得した。

 各球団の1位は、中日が小笠原慎之介投手(東海大相模)、ヤクルトが原樹理投手(東洋大)、巨人が桜井俊貴投手(立命大)、阪神が高山俊外野手(明大)、広島が岡田明丈投手(大商大)、DeNAが今永昇太投手(駒大)、ソフトバンクが高橋純平投手(県岐商)、日本ハムが上原健太投手(明大)、ロッテが平沢大河内野手(仙台育英)、西武が多和田真三郎投手(富士大)、オリックスが吉田正尚外野手(青学...    
[記事全文]