昨年日本一のソフトバンクからの2位指名に、思わず笑顔をほころばせた。「まだスタートラインに立っただけ。持ち味の直球にさらに磨きをかけたい」。日大三島高の小沢は、高評価にも浮かれること無く、しっかりとした口調で先を見据えた。
 180センチ、78キロの均整の取れた体格から繰り出す威力ある直球が持ち味。甲子園出場は果たせなかったが最速の152キロをマークするなど、潜在能力が評価された。ドラフト指名を受けるのは同校初。
 ソフトバンクについて、「千賀投手を始め、高卒の選手が多く活躍している。投手としても活躍した工藤監督のお世話になりたい」と胸を躍らせる。1位指名は高校...    
[記事全文]