津田学園高校3年の出口匠選手(17)が、楽天から育成ドラフト1位で指名された。待ち望んだ吉報に、高校3年間で通算本塁打四十本超えの県内屈指のスラッガーは「名前が出た瞬間にほっとした」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。同高から高卒でのプロ野球入りは初めて。

 桑名市出身で、小学校1年生から地元の日進野球倶楽部で野球を始めた。幼いころ、かつての阪神の名選手、ランディ・バース氏の本塁打の映像に衝撃を受けた。年齢が上がるにつれプロ野球で通用する強打者への思いを強くした。

 甲子園出場を目標に3年間、津田学園で汗を流した。1年の秋で4番を打ち、今夏は3試合で先発...    
[記事全文]