アマチュアサッカーの最高峰・日本フットボールリーグ(JFL)に所属する「SP京都FC」が、今季限りでリーグを退会することが22日、分かった。関係者によると、母体となる佐川印刷(向日市)の経営見直しの一環といい、すでにJFLに退会を申請し、近く承認される見通し。チームの存続については今後議論する、という。

 関係者によると、昨年10月の佐川印刷の役員会議でJFLを退会する方針が決まった。今季は一企業に頼らず、より幅広い支援を求めるクラブチーム化を目指し「佐川印刷京都SC」から「SP京都FC」に改称し、スポンサーを探したが不調に終わったという。

 SP京都...    
[記事全文]