プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内のホテルで開かれ、立命館大の速球派右腕、桜井俊貴投手が巨人から1位で指名された。京都関係では、龍谷大平安高の高橋奎二投手がヤクルトから3位指名を受けた。

 桜井投手は兵庫県立北須磨高出身。立命大では1年秋から活躍した。最速150キロの直球を武器に今年の関西学生リーグ春秋連覇の原動力となった。左腕の高橋投手は昨春の選抜大会優勝に貢献した。

 県岐阜商高の速球派右腕、高橋純平投手は3球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが交渉権を得た。東京六大学リーグで通算最多安打を記録した明治大の高山俊外野手は阪...    
[記事全文]