県立菰野高校3年の山田大樹選手(18)が楽天の育成ドラフトで内野手として2位指名された。菰野町福村の同校で会見した山田選手は「自分の持ち味は全力。これからもフルスイングでやっていく」とプロ入りに前向きな姿勢を示した。

 投げては2年春に最速147㌔を記録した本格派右腕。打っては高校通算二十九本塁打と投打にバランスの取れた選手。今夏の県大会は3回戦敗退。同じ育成ドラフトで楽天に1位指名された出口匠選手擁する津田学園に敗れ、甲子園出場を逃したが、高い身体能力を買われて野手で指名された。

 鈴鹿市立平田野中3年時に父親を亡くし、タイ人の母、パリシャートさんに...    
[記事全文]