プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内のホテルで開かれ、最速152キロの直球を誇る全国屈指の右腕高橋純平投手(18)=県岐阜商高=はドラゴンズ、日本ハム、ソフトバンクの3球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが交渉権を得た。

 高橋投手は会見で、「夢だったプロのスタートラインに立ててうれしい。ファンを熱くし、感動を与えられる投手になりたい」と、新たな人生の第一歩に夢を膨らませた。

 県関係では、西武が野田昇吾投手(22)=西濃運輸=を3位で、オリックスが角屋龍太投手(25)=ジェイプロジェクト、富田高出=を8位でそれぞれ指名し、交渉権を...    
[記事全文]