二十二日のプロ野球ドラフト会議で、県関係では花咲徳栄高校(加須市)の大滝愛斗外野手(18)が埼玉西武から四位指名を受けた。川越キャンパスを拠点とする東洋大学の原樹理投手(22)はヤクルトから一位指名を受けた。ホンダ(狭山市)からは三人が指名され、石橋良太投手(24)は東北楽天五位、阿部寿樹(としき)内野手(25)は中日五位、仲尾次(なかおし)オスカル投手(24)は広島六位。県立川口青陵高校(川口市)出身で鷺宮製作所の野川拓斗投手(24)はDeNAから七位指名を受けた。

 大滝選手はこの日は学校の授業後、同校近くの野球部寮にある岩井隆監督の部屋で吉報を待った。テレビで指...    
[記事全文]