22日のプロ野球ドラフト会議で、3球団が1位指名し、ソフトバンクが交渉権を獲得した高橋純平投手(県岐阜商高)。同校で会見し「プロはどの打者もレベルが高い。一人一人との対戦を楽しみたい」と意気込んだ。同校初のドラフト1位指名に関係者やチームメートは喜びに沸き、日本一のエースになってほしいと期待を込めた。

 集まった報道陣は120人以上。全国屈指の右腕の注目度の高さをうかがわせた。高橋投手は硬い表情で小川信和監督と入室。緊張した面持ちでテレビ中継を見守り、ソフトバンクの工藤公康監督が交渉権獲得のくじを掲げると、笑みを浮かべた。会見でははきはきとした口調で質問に答え、「早く...    
[記事全文]