二十二日のプロ野球ドラフト会議では、県内ゆかりの選手が相次ぎ指名された。学校関係者や同僚たちに祝福された選手らは、それぞれ喜びや抱負を語った。

 日本ハムから二位指名を受けた新日鉄住金かずさマジック(君津市)の加藤貴之投手(23)は君津製鉄所本館(木更津市)で記者会見し、「プロ入りは小さいころからの夢だったので、うれしい」と喜びを語った。

 さらに「日本ハムは投手、打者ともに一流の選手がいる。早く一軍に上がって恩返ししたい。自分のスタイルをつくり、先発でも中継ぎでも投げていきたい。全力投球でがんばりたい」と抱負を述べた。

 南房総市出身...    
[記事全文]