プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内のホテルで開かれ、花咲徳栄高のスラッガー大滝愛斗外野手が埼玉西武から4位指名を受けた。大阪府堺市出身の大滝外野手は走攻守の三拍子そろった外野手で、8強入りした今夏の甲子園でも本塁打を含む14打数7安打と貢献し、プロ球団から注目されていた。

 寮内で食い入るようにテレビ中継を見詰めていた大滝外野手は「ほっとしました。チームに早く慣れて、レギュラー争いできる選手になりたい」と涙を浮かべた。「いつかトリプル3(打率3割、30本塁打、30盗塁)を獲れるようにやっていきたい」と力強く意気込みを語った。

...    
[記事全文]