プロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースに3位指名された熊本ゴールデンラークスの竹安大知投手(21)は、合志市のチームの寮で仲間に胴上げされ、「上位指名で驚いた。阪神の顔になれるような選手になりたい」と抱負を語った。
 竹安投手は埼玉県出身で、1年前から熊本市内のフィットネスジムにトレーナーとして勤務。下半身と体幹の筋力アップに努めた効果で、投球が安定しボールに力が入るようになったという。昨年12月に手術した右肘の経過は順調で「今年中に10割まで回復させ、将来は持ち味の速球で150キロは出したい」と話した。
 阪神の印象を「地元に愛されているチーム。高校時代も甲子...    
[記事全文]