プロ野球のドラフト会議が22日、東京都内で開かれ、県岐阜商高の本格派右腕、高橋純平投手は3球団が1位指名で競合した末、ソフトバンクの工藤監督がくじ引きに勝って交渉権を獲得した。本県関係は独立リーグ、ルートインBCリーグ武蔵の三ツ間卓也投手(健大高崎高出身)が中日から育成3位で指名された。本指名も期待された健大高崎高の柘植世那捕手や富士重工業の小野和博投手は指名がなかった。

...    
[記事全文]