22日のプロ野球ドラフト会議で、沖縄県関係者は“大豊作”の最多7人がプロへの夢をつかんだ。多和田真三郎投手(富士大)と上原健太投手(明治大)は西武、日本ハムからそれぞれ1位指名され、沖縄で吉報を待ちわびていた親族や友人たちも喜びに沸いた。興南高校時代に甲子園で春夏連覇を経験した大城滉二内野手(立教大)はオリックス3位、普天間高校の與那原大剛投手も巨人3位と高い評価を受け、関係者はさらなる飛躍に期待を込めた。

» ドラフトのまとめはこちら
» 基地と原発のニュースをフクナワでも

【西武1位・多和田投手】中城村初 総出で祝福

 多...    
[記事全文]