プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内で開かれ、青木陸内野手(山形中央高)が広島から7位で指名を受けた。また赤間謙投手(鷺宮製作所・東海大山形高出)がオリックスから9位で指名された。本県関係の選手2人が同一年に指名されるのは昨年に続き2年連続で4回目。山形中央高の現役選手の指名も2年連続。

 青木内野手は右の強打者で1年秋から4番を務めた。2年時に全国高校野球選手権(夏の甲子園)に三塁手で出場し、3回戦の高崎健康福祉大高崎(群馬)戦で本塁打を記録した。3年時は捕手を務めた。赤間投手は福島県出身。高校3年の夏はエースとしてチームをけん引し山形大会4強入...    
[記事全文]