プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内で行われ、富士大の多和田真三郎投手(中部商高出)が西武から、明大の上原健太投手(あげな中-広島・広陵高出)が日本ハムから1位で指名を受けた。県出身選手2人が同時に1位指名を受けるのは初めて。県勢は過去最多の6人が指名を受けた。

 このほか、普天間高の與那原大剛投手が巨人から、立大の大城滉二内野手(興南高出)がオリックスからそれぞれ3位で、高知中央高の日隈ジュリアス投手(桑江中出)がヤクルトから4位で、第一工業大の國場翼投手(具志川高出)が西武から8位で指名を受けた。
 中城村出身の多和田は中部商時...    
[記事全文]