「びっくりした。夢のようだ」と吉報を真っ先に伝えたのは父だった。阪神から3位で指名を受けた熊本ゴールデンラークスの竹安は、選手寮での記者会見で「もっと下位指名と思っていた。素直にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。
 昨年の都市対抗にホンダ熊本の補強選手として出場した。柔らかいフォームから繰り出す直球が武器。昨年末に右ひじの手術を受けているが、阪神は21歳の若さと将来性を評価した。
 伊東シニアから東京の強豪私立高に進み、1年生からベンチ入りしたが練習方法が合わずに地元に戻ってきた。2011年秋に伊東商を県8強、12年夏は16強へ導いた。甲子園とは無縁だったが、...    
[記事全文]