プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内のホテルで開かれ、神戸市垂水区出身で立命館大の桜井俊貴投手(北須磨高出)は巨人が、加古川市出身で東洋大の原樹理投手(東洋大姫路高出)はヤクルトがそれぞれ1位指名で交渉権を得た。

 県岐阜商高の速球派右腕、高橋純平投手は中日、日本ハム、ソフトバンクの3球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが交渉権を得た。東京六大学リーグで通算最多安打を記録した明治大の高山俊外野手は阪神が交渉権を獲得した。ヤクルトとの競合でいったんヤクルトが獲得と発表されたが、日本野球機構がくじを確認し、阪神と訂正された。

 夏の甲子園...    
[記事全文]