プロ野球のドラフト会議が22日、東京都内で開かれ、郷土勢ではDeNAが国学院大の柴田竜拓内野手(理大付高出)を3位、西武は5位でJR四国の南川忠亮投手(高松工芸高出)、7位で第一工大の呉念庭内野手(共生高出)、10位で四国アイランドリーグplus香川の松本直晃投手(環太平洋大出)をそれぞれ指名した。JR西日本からは高野圭佑投手(呉工高出)がロッテ7位、杉本裕太郎外野手はオリックス10位で指名を受けた。

DeNA3位指名・柴田竜拓(国学院大、理大付高出)

 DeNAから3位指名を受けた国学院大の柴田は、チームメートとともに笑顔で...    
[記事全文]