プロ野球のの新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内で開かれ、注目の投手・県岐阜商高の高橋純平選手(18)は中日、日本ハム、ソフトバンクの3球団が1位指名で競合し、くじ引きの結果、ソフトバンクが交渉権を獲得した。同校からの1位指名は初めて。県関係者の1位指名は昨年の野間峻祥選手(広島、中部学院大出)に続き、2年連続となった。