全国大会出場を懸けた男子第60回、女子第33回福島県高校駅伝競走大会は21日、猪苗代町総合体育館カメリーナ前を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、女子は田村が3年ぶり19度目の優勝を飾った。21校が出場した女子は、田村が1、2区で学法石川にトップを譲ったが、3区で逆転するとそのまま押し切り、11秒差の1時間12分3秒でゴールテープを切った。