県関係では、日米大学野球の日本代表にも選ばれた日本文理大の田中豊樹投手(21)=佐賀商高出身=に上位指名の期待が掛かる。全12球団が関心を示す速球派右腕。田中は「指名されるか不安もあるが、楽しみに待ちたい」と話す。  田中は伊万里市出身で180センチ、90キロ。最速152キロの直球を武器に、切れのあるスライダーやスプリットを織り交ぜて投球を組み立てる。同大では主に抑えとして1年の秋から活躍。2年の夏には、その速球を見込まれ、日米大学野球の代表入りも果たした。  22日のドラフト会議を前に「チャンスはそこまで来ている。とにかくプロに行きたい」と田中。夢の舞台への挑戦権を手にする瞬間を心待ちにする。