プロ野球巨人は二十一日、笠原将生(しょうき)投手(24)と松本竜也(りゅうや)投手(22)の二人が野球賭博を行ったことを認めたと発表した。日本野球機構(NPB)の調査委員会が同日、二人が関与していたとの中間報告を公表したことを受けて事情聴取した。福田聡志(さとし)投手(32)に加えて関与が三選手に拡大した。   東京・大手町の読売新聞本社で記者会見した巨人の久保博球団社長は「野球史を汚すような選手を出したことに、深くおわび申し上げたい」と陳謝した。捜査関係者によると、巨人から相談を受けている警視庁は事実関係を確認する方針。  調査委がメールなどを解析した結果、巨人の調査では野球賭博をしていなかったとされた笠原投手らの関与が判明。福田投手と笠原投手はマージャンやバカラでも賭けを行っていたことが分かった。  ただ、笠原、松本竜両投手に八百長行為はなかったとの認識を示し、出場していない試合に賭けることを禁じた野球協約第一八〇条に違反しているとして熊崎勝彦コミッショナーに追加告発した。一七七条で不正行為とされている八百長行為が認められれば永久失格処分となる可能性があるが、一八〇条違反では一年間か無期の失格処分となる。  調査委は現時点では三投手ともに間接の関与を含めて八百長行為は認められないとした。ただ、三投手と賭博行為をしていた二人の知人のうち一人からはまだヒアリングできていない。知人の一人は大学院生で巨人が税理士法人勤務としていた人物。もう一人は飲食業者で二人に深いつながりはないという。