プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。1位指名候補を高校生投手2人に絞っていた日本ハムは、21日の編成会議でこのうち1人に決めた。県岐阜商高の本格派右腕、高橋純平投手とみられる。高橋は中日が1位指名を決めるなど複数球団の指名が確実視されており、抽選による競合は必至だ。  夏の甲子園大会を制した神奈川・東海大相模高の小笠原慎之介投手、東京六大学リーグの通算安打記録を更新した明大の高山俊外野手にも注目が集まる。