弘南鉄道(本社青森県平川市)は18日、同市の平賀駅前と同駅構内車両基地で「ふれあい感謝祭」を開き、青空の下、多くの家族連れらが列車にちなんだ多彩な催しを楽しんだ。

鉄道・在来線

 14日の「鉄道の日」に合わせ、地域への感謝を込めて2010年から毎年開催し、今年で6回目。

 恒例の「綱引き対決」では、重さ56トンの2両編成電車と来場者による綱引きが行われ、電車が少しずつ動きだすと子どもたちから「動いた」「やった」と歓声が上がった。

 冬季に現役で活躍している1929年製ラッセル車の車体に、同社のマスコットキャラクタ...    
[記事全文]