イタリア・ミラノ国際博覧会(万博)の「日本館」で19日、5月1日の開幕からの来館者が200万人を突破した。10月末の閉幕までに約150万人の来館を見込んでいたが、予想を上回る記録で、小林浩人館長は「日本の食や文化が欧州に浸透した結果。残り約10日間、一人でも多くの人に楽しんでもらいたい」と話した。

...    
[記事全文]