札幌市南区の八剣山(498メートル、正式名・観音岩山)付近の紅葉が見ごろを迎えた。頂上からは、赤や黄色に色づいた木々がじゅうたんのように広がる絶景が望め、登山者の目を楽しませている。カツラやカエデなどの木々が広がる登山道を抜けると、山頂の手前で切り立った細長い断崖が姿を見せた。山頂からは、360度のパノラマが広がり、登山者は周囲の山々を見渡し、息をのんでいた。定山渓観光協会によると、八剣山付近の紅葉は今週末ごろまで楽しめる見込み。

...    
[記事全文]