秋季近畿高校野球大会第2日は18日、皇子山球場で1回戦3試合を行い、京都1位の龍谷大平安は9-1で高野山(和歌山2位)に七回コールド勝ちして8強入り。滋賀2位の近江兄弟社は大阪桐蔭(大阪2位)に1-11の五回コールドで敗れた。智弁学園(奈良1位)は4-1で神港学園(兵庫3位)に勝った。

 龍谷大平安は初回に冨田が満塁本塁打を放ち、三回に久保田の2点適時打などで3点、五回にも2点を加えた。近江兄弟社は二回に伊藤のスクイズで先取点を挙げたが、エース阪部と2番手の松田がつかまった。

...    
[記事全文]