平成27年度秋季近畿地区高校野球大会第2日は18日、大津市の皇子山球場で1回戦3試合を行い、第3試合で智弁学園(奈良1位)は神港学園(兵庫3位)を4―1で破り、ベスト8に勝ち進んだ。

 智弁学園は初回、先頭打者・太田が大会3号となる本塁打を放ちいきなり先制。続く二回には、扇田の二塁打、太田の左適時打などで2点を追加した。守っては四回まで2安打を許しながらも、村上が神港学園打線を毎回打者3人で封じた。

...    
[記事全文]