警視庁が電磁的公正証書原本不実記録の疑いで逮捕した男らが、会社役員の男性の遺体を埋めたと供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は同日、供述に基づき、前橋市内で捜索を始めた。捜査関係者によると、今年1月、茨城県の会社役員の男性が行方不明になっていると、家族が警視庁に届けた。男性は60代という。

...    
[記事全文]