秋季北信越地区高校野球大会準決勝の敦賀気比(福井1位)ー佐久長聖(長野2位)戦、敦賀気比が反撃ののろしを上げる一発だった。六回まで無得点に抑えられていた打線が、植村元紀の本塁打を皮切りに七、八回で7点を奪って、鮮やかな逆転勝利。「あのホームランで雰囲気が変わった」と指揮官も納得の一打だった。

 丁寧にコースを突く、相手左腕をなかなか攻略できなかった。「淡泊な攻撃」(東哲平監督)が続き、次々とスコアボードにゼロが刻まれていった。

 是が非でも得点がほしい七回。先頭の植村は「とにかく塁に出る」ことだけを意識し、バッターボックスへ。2ボールの打者有利なカウン...    
[記事全文]