栄光と挫折に満ちた高校野球の3年間だった。小笠原慎之介とともにダブルエースとして、東海大相模を支えてきた吉田凌。右腕は階段をはい上がっていくたびに強くなってきた。

 2年夏は「絶頂期」だった。神奈川大会決勝の向上戦で、大会記録に並ぶ20奪三振をマーク。150キロ近くの直球と落差あるスライダーで全国に名を知らしめた。

 だが、その年の11月、左腰に痛みが走った。骨にひびが見つかった。実戦復帰まで3カ月も要するとの診断だった。

 「階段は上りだけじゃない。下るときだってあるんだ」。門馬敬治監督(45)の言葉を胸に刻んでリハビリに励み、マウンド...    
[記事全文]