山形流通団地まつりが15日、山形市の同団地組合会館で2日間の日程で始まった。組合加盟事業所などが安価で商品を販売。県産米つや姫のおにぎり振る舞いなどのイベントもあり、多くの市民が訪れた。  協同組合山形流通団地(三浦修理事長)が主催し39回目。34の事業所が食品、衣類、文具、おもちゃ、陶器などを問屋価格で販売している。大曽根餅つき保存会によるつきたて餅の振る舞い、生サンマ詰め放題などのイベントが人気を集めた。おにぎりプレゼントには長い行列ができ、開始1時間前から待っていた人も。16日も音楽グループの公演などがある。