全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は15日、東京都内で開いたJAグループの全国大会の終了後に記者会見し、環太平洋連携協定(TPP)による各品目への影響を独自に検証する方針を示した。その上で必要な対策を整理し、政府に要望する考えだ。